Syllabus

 

Class Name:
デジタルデザイン基礎(旧称:意匠設計)

Class Time:
2017年度 春学期 金曜日3-4時限

Class Location:
01回から07回まではλ(ラムダ)11教室
08回から14回まではΟ(オミクロン)22教室

Faculty in charge:
松川昌平/Shohei Matsukawa
sho000[at]sfc.keio.ac.jp
慶應義塾大学 環境情報学部 准教授

菊池豊栄/Toyoei Kikuchi
toyokiku[at]sfc.keio.ac.jp
慶應義塾大学 非常勤講師

TA/SA:
未定

Summary:
本授業は、建築・都市・ランドスケープを中心に環境デザインの専門家を目指す学生を対象としており、そのような学生が一番最初に履修すべき授業に位置付けられる。また将来的に、より専門的な環境デザイン設計演習である「空間とデザイン」や「デザインスタジオ」を履修する上で、本授業で修得する知識や技術は必須の能力となるため、なるべく早い学年での履修が望ましい。

近年、環境デザインの分野においても「BIM(Building Information Modeling)」をはじめ、「アルゴリズミック・デザイン」や「デジタル・ファブリケーション」など、デジタル・デザイン・ツールの重要性が増してきる。近い将来、2次元の図面を介さずに、3次元のモデリングデータを用いて設計から施工までがトータルに管理されるようになるだろう。本授業では、そのようなデジタル・デザイン・ツールの知識や技術を習得することを目的とする。

本年度は、Rhinocerosというソフトウェアを使用する。初回にそれぞれのソフトウェアの特性を把握するためのガイダンスを行い、ガイダンス後は、前半7回はRhinocerosの講義・演習を行う。

後半は、Rhinocerosを用いて椅子のデザインを行う。またデジタルファブリケーション機器(レーザーカッター、ShopBot)を用いて、実際に座ることの出来る椅子を作成する。

Evaluation:
毎回の演習での提出物と、最終提出物の評価による。試験は行わない。

Schedules:
#01.2017/04/07(金) 第01回 Rhinoceros01:基本操作方法、敷地のモデリング(担当:松川)
#02.2017/04/14(金) 第02回 Rhinoceros02:基礎・土台・柱・梁・小屋組のモデリング(担当:佐々木)
#03.2017/04/21(金) 第03回 Rhinoceros03:床・屋根・壁・開口部のモデリング(担当:松川)
#04.2017/04/28(金) 第04回 Rhinoceros04:階段・手すりなどのモデリング(担当:松川)
#05.2017/05/12(金) 第05回 Rhinoceros05:平面図・立面図・断面図(担当:松川)
#06.2017/05/19(金) 第06回 Rhinoceros06:テクスチャ、パース、レイアウト(担当:佐々木)
#00.2017/05/26(金) 第00回 Rhinoceros07:休講(担当:松川)
#07.2017/06/02(金) 第07回 Rhinoceros07:補講 予備(担当:松川)

#08.2017/06/09(金) 第08回 椅子のデザインエスキス1(担当:松川、菊池)
#09.2017/06/16(金) 第09回 椅子のデザインエスキス2(担当:松川、菊池)
#10.2017/06/23(金) 第10回 椅子のデザインエスキス3(担当:松川、菊池)
#11.2017/06/30(金) 第11回 椅子のデザインエスキス4(担当:松川、菊池)
#12.2017/07/07(金) 第12回 椅子のデザインエスキス5(担当:松川、菊池)
#13.2017/07/14(金) 第13回 椅子のデザインエスキス6(担当:松川、菊池)
#14.2017/07/21(金) 第14回 最終講評会(担当:松川、菊池、+ゲストクリティーク)

※Rhinoceros講習終了後、デジタルファブリケーション機材の講習を土曜日(具体的な日付は未定)の補講日を使って実施します。

Materials and Reading List:
必要な教材は授業内で配布、紹介する。

■その他
・自分のPCを使う方。マウス(左右クリック、ホイール付き)必須ですので、第2回目の授業までに購入しておくこと。

 Posted by at 10:00 am